のぞいたわね@P様の館

心にパンクを、生活にロックを  いつもお酒に飲まれてしまうダメダメうた唄いの日常

山のそのまた向こう

2014.05.29

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

アタシが生まれたのは、大分の山の山のそのまた山深い所で

今じゃ夢吊り橋なんかが出来て有名になってるけど

多感な時期の中学生や高校生にとっては、最高に何もない所だった。


近所に家は一軒あるだけで、子供の頃は「きっと先祖が悪いことしてここに逃げてきたんだな」
って思ってたもん(笑)

その一軒って言うのも、おじちゃんおばちゃん夫婦が二人暮らし。

友達もっていうか、子供が住んでなかった。


だからって言うわけじゃないだろうけど、マミーこと軍曹は、一週間に一冊本を借りてきて
小学校4年生くらいになると、字が途端に小さい字になって内容も難しくなってね

当然周りには何にもないわけだから、週末(アタシ達の頃は土曜日は半ドン)帰って

ビルマの竪琴やら細雪やら、いろんなものを読まされてた。

読み終わるともう一冊借りてくると言った具合で、何だか今考えるとすっげー量の本を読んでた気がする。


中学一年生になった時に、家にドン!!!!と日本名作純文学集なるものが届いて

その中に太宰がいた。



そう。


いたのだ。


確かに存在していた。


中学一年生の時に出会った太宰は、二週間くらいかけて全集読み上げて

終わったころには、どうやって自分の最期を迎えればいいのか・・・・。

なんて、遺書までも書いてしまった。


家の一番奥の押し入れの真っ暗な中に入って、どうして自分は存在しているのか?

どうして自分は生きてるんだろう?どうして?どうして?どうして????


なんて、親からしてみれば本当に変わった子で、今考えてみると
一番多感な時期に太宰に出会えたのはある意味幸せだった。


そんな同じ時期にラジオから流れてきたのが荒井由美。

この頃は結婚もして松任谷由美だったけども、荒井由美の存在を知ったのは中学一年生の夏。


不安定で儚げな旋律に、たちまち虜になってしまった。



アタシはどう在るべきなのか?




自問自答していた中学生のアタシに、この二人は多大な影響力を放ったのである。














ギブ子と○○

2014.05.20

category : 未分類

comment(2) trackback(0)

1475908_448940558550333_321449694_n.jpg



パンチラ先生として生まれてから、愛用しているのはギブ子ことギブソンのサザンジャンボです。



8年前だったかなー。

INN6で関西にツアーに行った時に、心斎橋のKEYが一周年記念セールをしてて

相方がボロロロ~ンって弾いたこのギターの音色に一目ぼれして



「アタシ、これ買うわ」


相方「はぁーーーー????????

安くはなってるけど、アンタこれいくらするか知ってんの??」



と言われ金額を見ると、アタシが今まで想像していたギター1本2万円だとかを優に超えた(笑)

桁も違う上に、ちょっとした軽自動車みたいな金額。


それよりも何よりも、どーすんのこれからの生活!!!!????

って言う金額でした。


でも不思議と、このギターを今買わなきゃいけない!!!!フガー!!!!!!

みたいな、何かに憑りつかれた状態になり(相方からは都合のいい憑依と言われるが 笑)

1分30秒後にはレジに行き「月々1万円ずつでカードでお願いします」と言っていた。



もちろんギターも弾けないし、弾く予定もなかったけど、出会って10秒でこの子にやられてしまってね。

多分、人間版「ビビビ」だ。古いけど(笑)

事が明確な場合は理由などいらないのだ。




それからと言うものの、必死でギターの練習をして、、、、、


って事に普通なるんやけども、部屋の中のインテリア化してしまい

いつしか弦も錆び、たまに弾いてあげる程度。

知ってるコードもC、Am、G、Em


そして、弾けはしないが「F」(←こいつのお蔭で今までのギターの挫折の歴史が・・・。)



うちに遊びに来たギタリストたちは、そのギター見るたびに不憫に思うのか
弦を替えてくれたり、磨いたり(それも私に了承も得ずに黙々と 爆)

そうだ!まさにあれだ。えさを与えられなくて酷い扱いを受けているペットに

愛の手を差し出す人たちのようだった(飼い主は酷い人なので、いちいち餌をあげていいか等聞く価値もなし)


アタシは酷い飼い主でしたねぇ・・・シミジミ 



そんなギターを買って8年経った頃に、博多のうた唄い東健介氏から

「いつもはやらない楽器でライブをしよう!って企画があるんですけど
Pさん出てみませんか?」

とお誘いを受けた。


うちにはギターがあるじゃないか。

よし!ギターの弾き語りでライブをしよう。

これが、8年ぶりにギターを持つことになるきっかけになるのだ。
※正確には8年前にもギターは弾いてないので、この書き方は語弊があるけど (ー_ー)



きちんとギターを弾くにあたって、名前を付ける事にした。

アタシなりの和解だ。


ギブ子と名付けて、そっれからせっせと練習をするようになったけども

8年間ずっと放っておいたギブ子の機嫌はなかなか直らなかった。


よくギターは女性だって聞くけど、ギブ子とアタシは二人ともオンナだから始末が悪い。



だから、親友になろうと思った。



そして、1年半後。



親友になれたのかなぁ・・・・・・。


親友はくっつき過ぎない方がいい、なんて事を聞きますが

良い距離感でいる事は確かだ。



そして、今や愛してやまないギブ子を傍らに置いて、パンチラ先生はガットギターに転身します。


来月のライブからスタートです。

だからツアーにもガットと共に参ります。


ギブ子はもう拗ねないと思う。




だって、今は親友だからさ。


いつも連絡取らなくても「便りがないのが元気な証拠」


の、二人になろうと思います。









あ!ガットにも名前を付けるべきか・・・








ノーモジャ!ノーライフ!

2014.05.18

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

178.jpg


この写真は昨年のINN6の10周年の時の写真ですな。



何を隠そう、ワタクシ、モジャモジャ好きなんですの。










その他諸々・・・(以下自粛w)



こないだアメトークで「毛深い芸人」をやってたけど、ペナルティのワッキーの毛深さなんてど真ん中です(笑)


なので、モジャモジャの人を見つけるとこうなっちゃうのだね。


そうだ、ボーボーズって言うバンドがあったなぁ。

モジャモジャの男子ばかりのバンドだ(笑)


今考えると、うちの父親もモジャモジャだ。

Tシャツの首からモジャが出ていると言うアレだ。

その上専制君主だったので、あれで、つるっつるだったら

アタシの中の作られたイメージは変わっていたのかもしれないけど。。。。



世は草食男子と言う名前が横行して、肉食女子が幅を利かせているが

肉食女子にはモジャモジャのままで良いんじゃなかろーか。

草食男子のモジャを、肉食女子たちがむしり取ってるような気がする昨今ですが





ま、あれです。


モジャの男子諸君。



また、アリンコ作らせて下さい(笑)









水崎けんぢと言う男

2014.05.16

category : 未分類

comment(2) trackback(0)

10日は、ブードゥーラウンジで「水崎けんぢ生誕50周年!俺最高!」に馳せ参じました。

誕生日は2月らしいけど、けんちゃんを愛する福岡獣の
(変換が獣になったwww でも獣っぽかったけんこれで良しw)

音楽家やらそうじゃない人やら、ありとあらゆる人が集まってて

「けんちゃーん、あーた人気者やね(^。^)y-.。o○」

けんじ2


何てこと言いつつ、まだ目が素面なPさん。



しっかし、この夜は会いたい人たちがいっぺんに集まっとって、それだけでもテンションが上がってしもーた。

けんじ

VSカッキンと宅ちゃん(宅ちゃんは広島におるのに毎週会いよるような気がするw)



この辺りから酔うたなー。うん、酔うた。ロックを水のように呑んでしもーた。

いい夜はロックが水に変身するから怖い。まさに焼酎怖い、だ。


出演者もお客さんも酔いも回って来て「ダディーズ・ファーム」(けんちゃんが前にやってたお店)の
ご飯にハイエナのように人々が押し寄せる中、モツ煮込みを「うめーうめー」と言いながら
一口食べて三口流し込む、方式で飲んでたらbigmama辺りからちょっと記憶がない(ないのか)

出演バンドも豪華絢爛やったです。




楽団アフリカ

けんじ14



よかよかズ

けんじ3



無礼者達(ブレーメン) けんちゃんの顔!!www

けんじ5



bigmama

けんじ7



名前忘れたデス

けんじ8



MOON BEEM

けんじ10



トムさんず

けんじ11



ヒールズ

けんじ12






酔っぱらい過ぎて携帯に意味不明の写真がいっぱい写っとってね、、、

けんじ4



「ん???みかん???」

って思ったらこの方でした。



けんじ6


しーしょーーー!!!!


そーデス!

師匠ですね↓



10014694_490261207768580_1232490739323765374_n.jpg


押忍!!押忍!!!押忍!!!!




その後は、さかけんちゃん達と呑んで、木馬のライブチームと合流したんやけども

タクシーの中で酔っぱらいが加速して、どうやってたどり着いたか覚えてないんよね。

不思議とリセットはせんかったよ。えらい!アタシ!



10155435_501956106575016_5314788126920127242_n.jpg




【教訓】酒は飲んでも飲まれるな。








音楽は愛ぜよ

2014.05.13

category : 未分類

comment(2) trackback(0)

ろーそーろーそー熊本でのライブをしたいなぁ・・・と思っていた矢先

熊本で絶賛活躍ちうのrif×2のお二人に声をかけて頂き、3年ぶりのINN6熊本ライブでした。


近頃もう20年位INN6やってるんじゃないか???

とか言う錯覚に陥る事があって久しぶりに会う人にも



うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉお!!!!!!!!

超久しぶりーーーー!!!!!!!!



みたいなwww



時間の感覚がゼロだからね、近頃。



実際にはrif×2のお二人に会うのは3年ぶりでした(笑)




ぺいあのPlusの名前も良く聞いていて、下の道を通るたびに

「あ、音がしてるね」

とか

「楽しそうだね」

とか



引きこもりかっ!!

もしくは飛雄馬の姉の明子かっ!!(古すぎる)

ってくらい、行きたいなーと思っていたお店でございました。



実現叶い、サウンドガーデンに参加させてもらったINN6でしたが

楽しかったなー。音楽とお酒に酔いしれました(いつもだけどww)




まずはrif×2からスタート

熊本

かぁりぃさんと住職さんのユニット。
実はステージを観るのは初めてなのだった。
声楽をしっかりやってる人の声だ。その声に住職さんのMC(笑)
言葉では説明できないので(いろんな意味合いで)実際に聴くべし見るべし。





お次は、ほぺまるのお二人

2熊本2

いつもは「ほぺちゃん」と「丸田くん】と別々にソロでやっているそうだ。
疾走感があるユニットだったなぁ。若いからだとかそんなんじゃなく
まっすぐにうたが飛んでくる。





INN6は後で。




kenshiroくん

熊本4jpg

名前を良く聞いていたkenshiroくん。ツアーにもたくさん出ているみたいなので
ステージングがとっても上手。関西で大うけの理由が分かるような気がする(笑)






INN6は

熊本5

INN6を知らない人の前でライブをするのは楽しい。
怪しい感じで始まる時の「????何が始まるの????」みたいな表情が(そこ?)
福岡でやっても熊本でやっても東京でやっても、うたう事は同じデス。
目の前の一人に唄うだけデス。



足を運んで下さったお客さん、本当にありがとうございました。



知らない土地で誰かと友達になるのって、昔っからすごく苦手なんだけども(こう見えても人見知り)

音楽って言うのは言葉はいらないもんなんだなぁと思う。


転勤している人たちのブログをたくさん読んでると、凄いなぁといつも思っておりましたが

どんな時も自分次第なんやろうね。



最後に愛は勝つー


です。



何か唄いたくなった(笑)





さ、足もだんだん良くなって来たからパンチラ先生武者修行の旅も再スタートしますよ。

7月後半くらいから出発です。





いろいろと悩んでる暇はないホトトギス!









女義太夫

2014.05.12

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

5/5は女義太夫さながらに、親富孝のKID ROCKにて「おんな・うた・一本勝負」が執り行われました。



熊本からcobyちゃん、名前はいろんな所で聞いてたんやけどもなかなか知り合うきっかけがなくてね

bigmamaさかけんちゃんの「紹介するぐらいやったら、一緒にライブやろー!」の一言で決定 笑



実は、cobyちゃんの事はずっとずっと男の人と思っとってね。

それも50代位の人かなーと 大汗


実際のcobyちゃんは、華奢で凛とした感じの女子。

でも、心の中にメラメラともゆる炎を持った、碧き活火山みたいな人やった。



onna2.jpg


いいシンガーって、いろいろ話さんでも指と指をくっつけると仲良くなれるような気がする。

いわゆるETの法則デス 笑(若者は知っとるんかなー)


不思議な事に華奢な人はステージだと大きく見える。


と言う事は、アタシは、、、どげな事になるとでしょうか、、、なんてことを思いつつ




INN6


onna3.jpg



ま、、、、、それなりに 爆


おんな・うた・一本勝負やけんね。

受け取ったバトンが大きければ大きいほど燃えます。



火の国のおんな対決ですから。

火には火で立ち向かおうぞ、と言う事でこの夜は振り絞りすぎて
全力疾走で200メートル走ったようなうたを唄ったような気がする。

もう一滴も、ノ・コ・ラ・ズ。



うたは難しい!近頃振り絞る事しか出来んけん、それでいいんかなぁと思いつつあります。


あとはお客さんが判断する事やけんね。



それと、女子でツアーミュージシャンやってる人って極端に少ないとデス。

何だか覚悟みたいなものを貰えて良かった。ホントに。




出会わせてくれたさかけん氏と西山氏。


onna1.jpg




人生ってホントに、人と縁。

出会わせてくれてありがとう。



そして、この夜集まってくれた皆さん本当にありがとうございました!


大入り満員の店内で窮屈な思いをさせてしまったかもしれないけど

いい夜を持って帰って貰えたんじゃないかなと思います!




onna4.jpg


onna5.jpg


onna7.jpg


onna8.jpg


onna9.jpg


onna10.jpg





時々立ち止まって自分の足元を見るのも必要やけど

やっぱり立ち止まるのは怖い。

ビビりやけん。


弱虫は走り続けるとデスヨ。



時間は流れゆく。



アタシにも、皆にも。



せめて、自分の好きな事をやって死にたいもんです。





ぐわし!









愛には愛でお返ししようホトトギス!!

2014.05.07

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

風のように黄金週間が過ぎて行きました。

清々しかったり、熱風だったり、ぬるりとしてたり、顔なしのようだったり。

まだ毛穴中からいろんなものが放出し続けてて、道ですれ違う時に肩でも当たったら

「うぉら!!!」

と言ってしまいそうな夕方@水曜日。




待ちに待った年一快(5/3)に出演してきました。

今年で13回目となる「同じバンドは二度と出れない」と称されるHEDGEHOG主催のイベントです。


いつか、、、、いつか、、、、、出たい、、、、、、。

と、虎視眈々とその時を待っていたのですが、今回声をかけて頂き

対バンの皆さんの名前を聞いた瞬間、これはきっといい夜になる、と確信しておりました。



だってね、今でも思い出だけでご飯が三杯食べれるもん(笑)




ON THE EDGE

CB8.jpg


ヤンキーズ

CB7.jpg


主催のHEDGEHOG

CB6.jpg


福岡の宝たち。一緒に出来た事を誇りに思います。




宿六一家は「音楽は怖くて楽しい」そのギリギリのラインを皆が共有出来てた。

いつもの如く、父ちゃん、あや、ともの音は聞こえて来ず、空中に浮いてる感じやった。

大きな翼をブルン!!!って動かして、皆の上を飛び回ってた感覚。


写真 3 (2)

写真 1


写真 2


そして、何よりもお客さん!凄かった!!

目の前で聞いてくれてるみんなの顔を見たくて仕方がなかった。

拳を振り上げて繋がりたくて仕方がなかった。


絞って絞って絞り出して、最後の一番おいしい一滴を飲んでもらえたです。

嬉しすぎてみんなの中にダイブしたかったよー(妄想だけにしとく)




お客さん、出演者の皆さん、CBスタッフの皆さん暫くは余韻に浸りましょう(笑)

この夜一緒に過ごすことが出来て本当に嬉しかったです。

ありがとうございました!



愛しとるよー!!!!!



ろっく!!!!!!








プロフィール

INN6P

Author:INN6P
博多を中心に活動中のINN6(インシックス)
の裸足のうた唄い。
時々「いかさま弾き語り師パンチラ先生」にも変身する今日この頃。
一番好きなもの芋焼酎。
二番目に好きなもの芋焼酎。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
リンク
アクセス

Copyright ©のぞいたわね@P様の館. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad