のぞいたわね@P様の館

心にパンクを、生活にロックを  いつもお酒に飲まれてしまうダメダメうた唄いの日常

夜の過ごし方

2015.02.28

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

昨夜のパンチラ先生武者修行の旅~其の八~にお越しいただきました皆さま、本当にありがとうございました!


三組が良い流れで、来て頂いた方々にも楽しんでもらえたんじゃないかと思ってます。



久しぶりのイビチコは、ぐんぐん伸びてゆく筍みたいだ。
力強さはやはり健在。聴きながらイビチコがバンドになったらどうなるかなぁ、、なんて思いながら聴いた。



初めましてのAMI☆TAMEさんは、もう職人の域 笑
色よくなめした皮のようなステージだった。




パンチラ先生は、割と場所を選ばずにライブが出来るようになったかなーと。



昔BONTAの久保さんが『MCが確立するのに18年かかった』って言っていて、当時MCで悩んでたアタシは、そんなにかかるんかっ!!(°_°)と驚愕したものだ。


数年前から、あーこれがアタシのMCだなぁってのが確立して、それからいろんな事がたいそう楽になった。


大きなホール、小さなバー、あまり変わらないMCが出来るようになったのだ。



未だにライブは怖い。


知らない人が聴いてくれるか、受け入れてくれるか、そんな事を考えると逃げ出したくなる。



ライブは歌だけじゃない。

特にアコースティックだと、いくら上手い人でも延々とうたばかり聴かされると段々キツくなるのだ。


来てくれるお客さんは、その人そのままを観に来ているんだと思う。

この人がどんなうたを歌うのか??




だからMCはライブの中で半分を占めるくらい大切なものだと思っている。




昨夜は一本のバトンが次々に渡って非常にええ夜でした。


あーーー帰りは外が明るかったばい。



みんなありがとうね。











イエス、アイ、アム

2015.02.26

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

前のブログにも書いたことがあるけども
、芸術好きの軍曹と音楽室のショパンの強いGでアタシは音楽の道へと引き寄せていった。


音大の付属高校を受けて声楽家になろうと思ったのもこの頃だ。

いわゆるオペラ歌手だ。


その頃ピアノを習ってた先生が『声楽はキチンとした先生に習わないと独学は難しい』と言われ、アタシが受けようもしていた付属高校の大学の教授の所に習いに行き始めた。


当時15歳の春だったと思う。


先生の名は堤先生。

ショパンに似た線の細い方だった。




『まず最初に、、、うちの大学の声楽科を受ける子達は小学生の頃から学んでいるので今から間に合うかどうかは、、、やれるだけやってみましょう』と言われた。



とにかく声量だけは太鼓場を押され、その頃のアタシは今じゃ考えられないけどソプラノだったのだ。

4オクターブ位出ていて、先生からも驚かれたけども自分では特別な事でも無かった。



その辺りでアタシの甘いところが浮き彫りになり、多分受かるであろう。

なんて、根拠のない自信を持っていた。


だけども世の中そうそう甘いものでもなく、実技試験の他、難関聴音があったのだ。



聴音、、そう、両手でバーーンとアットランダムに鍵盤を弾きその音を聴き当てて譜面に書くというものだ。


後から堤先生に聞いたら、この聴音の点数が100点中18点だったとの事。


オーマイガッ




音楽家を気取ることなかれ。

アーメン、だ。




すってんころりんと落ちて、中学浪人をして翌年受け直す!!!三日三晩泣きに泣き暮らしたけど、二ヶ月後の公立高校の試験に合格して普通科高校に進学した。


そのままヘヴィメタルの道へと進んでいくわけだが、あの時合格してたらオペラ歌手になってたのかなぁ。



ミュージカルとか大好きだからそっちの道に進んでたのかもしれない。




何にせよ、好きな事を仕事にするのは至極大変だ。

怠ける事が出来ない。

力を認められたものだけに光が当たる世界だ。




往生際の悪いアタシは、まだ夢を見続けているのだ。

いつか夢の舞台に立てるかもしれないと。



まだ30年は歌えるじゃないか。



そう無理な話しでもない気がするのは、元来の楽天家のお陰だ。




悩むならば行動せよ。

明日が必ず来るとは限らない。














寺さんと軍曹

2015.02.25

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

博堂村の夜はそのまま軍曹の家に行き、寺さんと二人泊めさせてもらった。


荷物を置いて二人でお湯割りを飲みながら話が弾んだんだけども

それよりも何よりも、真っ暗な外灯もない山道をスイスイと運転する事に驚いていた。

車の中で白熱した話をしながらハンドルを切る姿にビックリしたと・・・(笑)


秘境の道はもう何千回も運転した道だ。


動物が出てこない限り安全だけども、この日に限って子鹿やらイタチやら何故か山の中に柴犬の群れ(????)


街から来た人にとっては、ちょっとしたスペクタクルな場所だ。



昼前に起きると「お客さんに珈琲を入れてあげなさい」と軍曹。

普段そんなこと言わないのに珍しい(笑)


会アタシが身支度をしている間も、寺さんと軍曹の楽しそうな声がリビングから聞こえる。

失礼な事は言ってはおらぬだろうか・・・・(゚Д゚)

って気になったけども、いろんな逆算をすると後10分ほどで出発しないと間に合わない。


流し込むようにコーヒーを飲み車に乗り込むと、寺さんが一言


「ぴぃちゃんのママは可愛いね」



「はっ??????(゚д゚) わはははは!!! 」


と笑ってたら、軍曹が「何ね??笑」と。


「寺さんが可愛いってよ」と言うと


「まー!!いやだ!!!!ほんとに!!!もう!!!」


多分、40年ほど「可愛い」と言われてないのではないか?ってほどの反応で

こっちが恥ずかしくなったので、すたこらと実家を後にした。



途中の阿蘇は綺麗だったなぁ。

久しぶりに綺麗な阿蘇を見たような気がする。

10309186_740900362683823_6497087714448623912_n.jpg



この夜は、先日もお世話になった「てれすこ」でのライブ。

この夜はINN6で共演させてもらい、前夜のパンチラ先生とはスイッチ切り替え。



この夜の寺さんのハレルヤは秀逸で、聴く者たちがひれ伏すうたと言うのはこう言うものなんだと思った。



静と動。そして魂を手で鷲掴みにしているような空間。



ロビン・ウィリアムスは「狂気が舞い降りた瞬間を逃すな」と言いましたが


曲を書くとき、うたう時、それぞれに狂気が舞い降りる瞬間があるのです。

心のままに。



平日の月曜日、足を運んで下さった皆さんホントにありがとうございました!


精進の湖で、しばらくバタフライしようと思います!













博堂村はおもちゃ箱

2015.02.24

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

土曜日は、大分県別府にあります博堂村にてライブでした。


寺さんとの初日。対バンはエロビデオさん。

高まる胸を抑えつつ阿蘇越えをしたのは良いんやけども、久しぶりの運転(半年振りか??w)と

雨と霧で、ミルクロードに入る道を通り過ぎてしまうと言う失態。


行けども行けども山(九州はどこもこんな感じ)で、その上大渋滞。


みんな、こんな雨と霧の中どこに行くんだ?


阿蘇に行っても霧で何も見えんぞ(# ゚Д゚) とか車の中で悪態をつきつつ

何とか見慣れた景色に戻れたのが熊本を出発して2時間後。


オーマイガッ!トイレ休憩もそこそこに滑り込みで別府に到着した。




博堂村の看板には「ブルースとパンチラの世界・・・・」


この「・・・・」が中高生の心を高揚させそうだけども、如何せん中高生が来る気配もなく・・(笑)


リハの時に待ちに待っていたエロビデオさんは、一人で出演する事になり

エロビデオ改め「川田」になっていた。



「川田って呼んでいいっすよ!!」と言われ、川田と先生と言うこれまた妄想ばかりが働くシチュエーションに。

いかん、、、、めくるめく夜になり過ぎる予感。



だがこの夜は重大な事案があり、そう、、、、車で来たから飲めませんよ。


「お土産は無事故でいいのお父さん」な夜だったのである。



川田は素敵すぎる奴だし、寺さんの素敵さはここに書かなくても皆には既に伝わってるだろうし



そんな・・・



そんな・・・・・



そんな・・・・・・・・もうええっちゅうねん



清志郎だったらきっとこう言うはずだ。



こんな夜に、お前と飲めないなんて・・・・カッコ泣カッコ閉じる 的な。





川田の国東(くにさき)勢のお客さんのおかげで店内は大盛況。

ハッピーな人たちだったなぁ。



川田の人間味あふれるステージと



寺さんの月灯りを浴びながら立っているようなステージと



パンチラ先生は、、、、一滴も残らないように皆様に差し上げました。いろんなものを。





ええ夜やったです。



愛するお客さん、ありがとう。


みなさんのお蔭です。うたが唄えるのは。



いつもみんなを愛してくれる博堂のママありがとう。

でっかすぎる。阿蘇山みたいな人や。






心にロックを!

出会ったくれたみんな本当にありがとうございました!!


また生きて会いましょう!!!



unnamed_20150224125745b55.jpg









温泉~とり天~ライブ

2015.02.21

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

外はシトシト雨が降っておりますね。

三寒四温の季節、すこ~しずつ春のお尻も見えてきました。

ベランダのチューリップ達も、ぐんぐん大きくなっております。


なごり雪も降ろうか振る舞いか、東京へ行くキミを見送ろうか見送るまいか

そんな恋人たちが悩んでいる最中に、明日は湯の街別府でライブなのであります。



そう。 2月になったので、鎌倉から寺田町さんが九州へ来る季節になったのですよ。



あっという間に月日は経ちますな。



温泉に入って、美味しいとり天食べて、夜は軍曹の所に泊まってまた温泉三昧っす。


勘違いするなかれ。 あくまでもライブのついでです(笑)



明日は初対面の「エロビデオ」さんと言う方がご一緒だとか。


すごい。パンチラ先生が一瞬で吹き飛ぶ破壊力。


どうしてエロビデオにしたのか?






いや、聞かんでおこう・・・・(笑)





さ、明日は大分は別府の博堂村で会いましょ。



みんな~さみぃけん、気を付けて来るんでぇ~。




image_201502212013537f6.jpg









愛しのショパン様

2015.02.21

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

中学生の時に、音楽室の壁にずらりとクラシックの作曲家たちの肖像画が飾られていて

教科書に出てくるゴッホやシューベルト、ベートーベンと共にショパンがいた。


顔色は青白く、とても繊細そうで少年の様なその絵にアタシは一目ぼれしてしまった。



信じられないだろうが、一人の人間に恋するようにその絵に恋してしまったのだ。


小さな中学校だったので、音楽室も教室から離れておらず

休み時間になると、その絵に「逢いたくて」音楽室へ行っていた。


しばらくぼーっと眺めて、次の時間に間に合うように教室に帰っていたのだ。

友達にも言わなかったので、多分皆はアタシがトイレに行ってるものだと思っていたんだろう。



3年生になって部活も引退し、放課後自由になったアタシは毎日のように音楽室に通っていた。

音楽部の生徒たちが部活をやっている側で、あたかもそれに興味があるふりをしながら絵を見ていたのだ。


その内にその絵が欲しくなって家に持って帰りたくなる。

当然と言えば当然の流れだ(いや、違うか・・)


音楽の先生に、どうにかしてショパンの画が欲しいんだけども・・・・と熱い胸の内を打ち明けると


そしたら、その先生は話を真剣に聞いてくれ「家にショパンの画が在るから、君にあげよう」と。



ここで嬉しくなるものなんだけども、それはどうも音楽室でいつも会うショパンではないような気がして

丁重にお断りをした。



まぁ、とにかく変わった子だったので、先生もやり過ごしたのかもしれないけども

今でも、あの音楽室のショパンには何か魂のようなものが入っていたんじゃないかなぁと思う。


画を見ただけで、胸が張り裂けるように苦しくなって、これは所謂「恋煩い」と同じ症状だった。

家に帰っても会いたくて仕方がない。



この症状は1年半くらい続いて、貴重な青春初期をショパンに費やすと言う

今考えたら二次元の走りのような生活をしていたような気がする。




今でもこの兆候は全く消えたわけじゃないので、老年期に向かっている昨今

この現象が起こったら最後、部屋の中は「その人物」で埋め尽くされるに違いない。



それがナポレオンなのか、はたまた中大兄皇子なのか・・・・



知る由もなく余は更けてゆく。



36281198_1497654489_178small_20150221005843078.jpg









愛されたがり屋稼業

2015.02.17

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

父さんはフィクションが大嫌いで、ドラマや映画や所謂創作したものは『所詮作りもの、そんなもん観て何が楽しい』と言っていた。


母さんこと軍曹は、映画やミュージカル、歌舞伎、その他諸々芸術をこよなく愛している。

小さい頃からよく分からないミュージカルとか、難しい映画とか本とかいろんなものを与えたくれた。


山の中で育った少女が芸術と言うものに大変興味をもつようになったのは、間違いなく軍曹のお陰だ。



いつの頃か、そんな軍曹の期待に応えなくてはいけないと思うようになった。

いや、軍曹だけじゃないか。


爺ちゃんや婆ちゃんも、ピアノの練習を死ぬほどしてると『本当に頑張り屋さんやねぇ、婆ちゃんは鼻が高いよ』と言われると


じゃあもっともっともっと!って感じになって皆んなが喜ぶ事、勉強沢山して良い成績をとるとか生徒会長になるとか、とにかく喜ぶ事を沢山していた。



そのくせ、その反動で悪い事もするのだ。

父親から『お前は爆弾を抱えたような子』と言われたのはそのせいだろう。


良い子だけど、たまに天と地がひっくり返る返るような悪い事をするのだ。



だからニュースで見る少年犯罪なんて、誰もが被害者にもなるし加害者にもなれる。


加害者にならなかったのは、アタシの事を愛してくれる人たちが周りにいたからかもしれんね。

あの頃はそんな事思いもせんかったけど。




面倒くさい愛されたがり屋は、今日も愛などいらぬと嘯いたふりをする。






















かぞえうた

2015.02.16

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

太宰




オンナは天女だ ヘドロの膿を持った天女だ

醜い穴から 坊主が顔出し嗤ってる











バレンタインデー特需

2015.02.15

category : 未分類

comment(2) trackback(0)

10998833_683002398492232_7999606172666921390_o.jpg




こんばんは!パンチラ先生です!


昨夜のBar KING BEEに足を運んで下さった皆さま、本当に本当ににありがとうございました!

愛あるチョコを渡すはずが、逆に愛を頂いてしまうと言うスイートな夜を過ごさせていただきました。

チョコチラ先生まだまだ修行が足りんようです!面目ないっす。



NaOちゃん、USHIOさん、美女二人に挟まれ、2015年2月14日22時のパンチラ先生。

その瞬間しか聴けん「うた」をお届け出来てたら良いなぁ。


楽しい事いっぱい

反省する事いっぱい



ぐぞぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーー!!とか、久しぶりに吠えながらの帰宅でございましたが


当たり前のレベルを上げるのって難しいけど、すげー!って思う人たちは皆そげんしよるんやろうなぁと。



5年くらい前のブログを見たら「階段ひとつ上がったら、次の階段までが踊り場みたいな広さ云々・・」と書いておりました。

この5年同じ事ずーっと言ってるんやろうね 笑



いろんな意味で次の階段に淵に喰らいついていこうと思います。押忍。



頂いた愛は、順繰りに皆さま方にお渡しいたします故。


待っとってね!














チョコチラ先生

2015.02.14

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

10150645_282213038646613_751192970170016596_n.jpg



写真をアップしてから、この寒いのに何も半袖写真を載せなくても・・・・と自分で思ってしまった。




あ、全国の皆さん。


バレンタインデーおめでとうございます。




もう何年も、義理も本命もあげない生活をしておりますが


そこはそれ、気は心。



今夜は「これ、、、、本命ですから」と圧をかけてチョコを渡してみたいと思います。




夜は親不孝のKING BEEにてパンチラ先生です。


愛ある夜に愛ある場所で。



んじゃ!










万引きする前の顔

2015.02.12

category : 未分類

comment(0) trackback(0)





年齢を追うごとに人生が顔に出てくる。



うわーーー!!!意地悪そうな顔だなぁ、、、と思った人が、実はめっちゃ優しかったりもするのかもしれないけど、如何せんそこの第一印象は大切。



何回も言っているが(誰も信じないので)アタシは人見知りだ。


相当酔ってる時はかなりフレンドリーだが、素面の時は皆無だ。


その上目つきが悪いと来てるので(最悪じゃねーか)中学生の頃は諸先輩たちに大いに呼び出されていた。

今思うと、つまんねーなーって思うけど、あの頃は三原じゅん子姐さんみたいな人がいっぱいいたしね。



『あんたさ、目つき悪いんよね。さっき挨拶せんかったやろ???(-.-)y-.", o O』的な事をよく言われていた。


駅の裏とか真面目に体育館裏とか。


そんな事言われたら『こんにちは、これでいいですかww』と返していたのだが、それがまた気に入らないらしく、まぁ、こちらも闘う気満々だから可愛い後輩になるわけもなく。



でも可笑しなもんで、社会人になりそんなヤンチャな方々も車屋さんとか、コンビニのオーナーになっていて、実家に帰ると時々寄ったりもするのだ。




あの頃って、お互い万引きする前の顔してましたよね?www


とか言いながら。










その先に在るもの

2015.02.11

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

何でもそうだけど、簡単に手に入るものほど価値は低くなる。


クリック一つでパソコン画面に出てくるエロ画像とか、等々。

若者たちよ、もっと苦労してエロを手に入れんかいっ!って思うけど
もうそこに在るんだから仕方ないよね。


エロ=音楽と言うのはとても共通していて、誤解を恐れずに言うと

エロくない人、エロい人、極端にステージに出てしまうのだ。


料理だってそうだろう。


以前とても美味しいお店に行きあたった事があって「これを作った人って変態ですね 笑笑」

って言ったら、真面目な顔をされて「料理人がエロくなくて美味しい料理が出来ると思いますか?」と

逆に聞かれてしまった事が。



全てはイマジネーションだ。

料理も音楽も。


お客さんが美味しい、楽しい、もっともっとって思ってるか?って言う。


それはやはりセックスに共通するところがあって、自分よがりのものなんて

女性も男性もNO!に決まってる。


こうしたらどうなのか?じゃあ今度はこう。

みたいな、フルに五感を使って行う行為だよね。


ライブも同じなんですよ。


自分が楽しいだけじゃダメ。

当然、仲間たちが楽しいだけでもダメ。


初めて出会う人たちも「最高に楽しかった!また今度!」って言われるのは

私の中では性交と同じことなのですよね。



ざらりとした舌で心を触るのは、生半可な事ではありません。



だからアタシはAWAYでライブをしたいと思うんです。


誰も自分の事を知らない場所で。


棘の道をバキバキ通り過ぎたら、きっとその先には楽園が在るような気がするから。




10945699_513761585429671_8839391233944740561_o.jpg












名も知らぬ君に

2015.02.10

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

アタシは、人の名前を覚えるのが大の苦手だ。


その代わり、顔や絵や目がシャッターとなるものはどこで見ても覚えてる。

これは特技、って言うかもう病気の類かもしれん。



今、自己紹介された人の名前を忘れる。


現在毎日がこの状況。



グループに分かれていろいろするんだけど、さっき聞いたのに名前を忘れてるのでニックネームを付けていいか聞いたら、いいとの事。



いろんな人に生かしてもらってるなぁ、と思う今日この頃であります。













うた・酒・ギター

2015.02.09

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

うたと酒とギターって、古賀政男の世界やんけ。

だって、よくよく考えたらひばりさんも好きだし、舟歌も好き。

温めの燗はあんまり好きじゃないけど、焼酎の水割りは大の好物。


昨夜はそんな夜。しかも前の晩からずぅーーーーーーーーっと飲みっぱなし。

肝臓くんが悲鳴を上げていた。気づかないふり。臭いものに蓋。



そう、昨夜はそんな夜。

美味しいお酒にいい音楽があったら、飲むに決まってるよね。

いや、なくても飲むんだけどさ。質量が違うわけよ。 


ね?分かるよね?? (誰に言ってんだw)




久しぶりのてれすこライブ。

今回博多からレイぽんが。熊本からはレフルゥが。

そして我々INN6。


たくさんのお客さんに見届けてもらえて良かったー。


三者三様絞り出し方は違えど、お客さんたちに喜んでもらえたと思っとります!


足を運んで下さった皆々様、本当にありがとうございました(感謝!!)




福岡と熊本は隣の県で、近いようで遠いようで。

もっともっと聞かせたい人たちがいるのですよ。



アタシはわりとそんな単純な感じで動いております。


「いい人がおるけん、ちょっと聴いちゃらん?」的な。


皆が笑顔になる事が増えるといいよね。







おクソな世の中に愛を!! ピーーーーーーース!!!!!!




10961954_513220222150474_1573754117_n.jpg












逢いたい人

2015.02.06

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

音に酔う



どうしてるかなぁ・・・と思いつつ酒を呑む。










SNS考察

2015.02.03

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

フェイスブックやツイッター、昔はmixiもやっていたけども基本的に好きな事しか書いてないし、ライブのお知らせ等々なかなか便利なものではある。


数日前のスマホニュースに『どうやったらフェイスブックのイイね!が増えるか!?』ってのがあって。


皆んなそんな事きにしてないのでは?と思ったけどそれがそうでもなさそう。


スマホニュースによると『人にイイね!をしない人は、自分にもイイね!してもらう確率が低くなる』との事。



互助会かw





このイイね!も、死にたい、病気になった云々と言う、百歩譲ってもイイね!ではないものにイイね!を押してる人も。




日本語とはなんぞや


SNSとはなんぞや





名前も知らん誰かから攻撃を受けたり



正義を振りかざす名前のない人たちがいたり




いつもお客さんにヘコヘコしてる人が、たまに行ったファミレスで店員さんに威張るのと同じだ。



強い立場になりゃあ誰だって自分の意見が言えるんですよ。


何だかいろんな入ってくる情報を見聞きしてると、無関心が一番怖い気がしてくる。


アタシは無宗教だし左だ右だなんてのも基本的にないけど、もうちょっとアンテナを立ててみようと思う。



いろんなものに。


























うたが好き

2015.02.02

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

週末はいつもお世話になってるライブハウスCBの新年会やらESBBのラストライブやら。


恒例な感じで焼酎を一本空け。











CBにて博多の宝ジャガー池見さんとコラボして






焼酎野郎にノックアウトされた頃に相方がやって来て『おっさーん、おっさーーん!』歌っておりました。







途中抜け出して御縁屋のESBBを聴きに行ったけども、ラストライブなんて好きじゃない。

これは聴く側の勝手な想いなのだがね。


一方的なサヨナラは心の準備が必要なのだなぁと思い立ち、すぐさまCBへ。



無闇矢鱈(むやみやたらってこんな字)に飲んでしもうたなぁ。


ふと我に返ると、自分がどこに住んでるのか分からない浮き雲のような気がして足元がグラグラし始めるので、そんな時は焼酎に限る。


愛で満ち溢れてるKING BEEで張り裂けるほど歌って、笑って、飲んで



周りには愛が溢れている。


気付かないふりをするよりも、そっと手を出してみた方がいいに決まってる。



大切なものに優先順位はつけられんけど、もっともっと沢山の人にうたを聴いてもらいたくなるよね。



愛を届けに行くんじゃなくて、愛をもらいよるとよ。



うたが好きだし、ライブハウスが好き。


うたに集まる人たちが好き。


ステージの光が好き。


客席のお客さんの顔が好き。



あーー

久しぶりにうたが好きって思える。



歌う事は苦しい。

でも、うたからは離れられない。

でも苦しい。






歌いたい病で死なないうちに、うたを歌いに行くけんね。









プロフィール

INN6P

Author:INN6P
博多を中心に活動中のINN6(インシックス)
の裸足のうた唄い。
時々「いかさま弾き語り師パンチラ先生」にも変身する今日この頃。
一番好きなもの芋焼酎。
二番目に好きなもの芋焼酎。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
リンク
アクセス

Copyright ©のぞいたわね@P様の館. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad