のぞいたわね@P様の館

心にパンクを、生活にロックを  いつもお酒に飲まれてしまうダメダメうた唄いの日常

春はあけぼの

2016.03.29

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

枕草子は、春は朝日が昇る寸前の時間が一番良い。

と言っています。




今の時期の日の出は、大体6時くらい。

日の入りは、19時前くらいです。


昼間の時間がながくなって来たね。

冬は夜に支配されているようで、子供の頃からどうも苦手でした。


白夜のある国の何とも羨ましかった事か。



歳とっても変わらない事。

それは、早起きが出来ないことだ。


軍曹は5時に起きて父親の朝食とお弁当を作っていた。


大人になれば、いや年寄りになるにしたがって早起き早起きになると思っていたのだが、全くその部分だけ変化しない。

ある意味歳をとらないのだ、


19歳のアタシと全く同じなのである。




こんなアタシでも、『やっぱり春は明け方よねぇ、、、』などと言いつつお茶でもすする日が来るのだろうか。






写真は花見でほぼ子ザルが飲んだ日本酒。

飲み明かして徹夜するしか今のところ手立てはない。














風のような男

2016.03.28

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

子ザルが名古屋に帰ってしまった。

突然『今から帰る』と言い出し、明日のオリエンテーションをすっかり忘れていたと。



しばらく冷凍して食べれるようにかしわ飯を大量に作って、ドサ回りの人のような荷物を持って帰って行った。


そう言えば、軍曹の家に帰った時には納屋からサラダ油やら小麦粉やら、近くで買えよww的な物をたくさん持ち帰る。

海苔とかふりかけとかもだw



近ごろ『卵は?野菜は持ったね?漬けもんはいらんね?』とか言う軍曹に段々似てきたなぁ、、、と思う。

取り敢えず腹を空かせないように。


多分、親が思うのはこれくらいだろう。




『お金がなくなったら電話します、、、』と言いながら玄関のドアを閉めようとしたので『アタシはATMじゃないよ(♯`∧´)』と言う捨て台詞だけ送っておいた。



ふん

早く帰ればいいのにと思ってたけど、いなくなればいなくなったで寂しい。


あーもう、頭にくる。




写真は大きくなってきた大葉とパセリ。
子ザルの代わりに育てようと思う。










花よ酒よ

2016.03.27

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

2016年大花見大会終わりました~。

開花宣言に振り回されましたが、ええい!ままよ!!!って事で強行w


木によって満開だったり三分咲きだったりと、個性あふれる感じでしたよ。


まぁようは、みんなと楽しいお酒が飲めれば良いわけで、藤の花でもチューリップでも良いわけです。



料理もたくさん!

みなしゃん、ありがとうございました。


※みっちゃんのちらし寿司と西山ワイフのかしわ飯






※アタシは鍋とコンロw でも夕方寒くなってから大活躍 笑










※めっっっちゃ久しぶりのセーゲンさん!








※壊れかけのルンバw





その後はすらごとやを聴きにみんなでチープサイドに行ったんだけど、トン発の谷さんの写真を撮った後撃沈。

ライブの様子はこの一枚から想像してくださいーwww











生かせよ殺せよ

2016.03.25

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

早いなぁもう3月の最終週末になりますよ。


この分じゃ10月のライブなんてあっちゅう間だなぁ、、、。



先のことを見通して物事を進めれる人ってホント尊敬する。

今日のこともできないのに、5年後の事なんてぜってー無理。


産んでくれた母さんにマジ感謝🎶

って、アタシがラップを歌いだすくらい無理。



ま、こんな事を言いながら50.60って過ごせたら良いよね。

心配事の種は尽きず、60辺りで刺されてんじゃねぇのか??とか思ったりするけどそれも人生でしょう。


大学の時の同級生の男の子なんて、人妻に手を出して旦那さんからフォークで刺されたけど、今は家族幸せに暮らしている。


生きてるとホント、いろいろありますよ。



神様は越えられない壁は与えないとか言うけど、目の前に神様がいたら胸ぐら掴んで奥歯ガタガタ言わせます。

絶対に。



人によっては信仰に心を寄せるのかもしれないけど、イエス様や他の神様よりもアタシは山の神とか川の神とかが好きだ。

ん?自然崇拝か。



人の意見なんて絶対に聞かない父さんが、山の神の日だけは山に入らなかった。

子供ながらに、この父さんを言う事聞かせるなんて山の神ってすげーなーーーとか思ったもん 笑



信仰で心穏やかになるんだったらそれも良し。


生きてる間は修行との事。

でも、その修行の大きさが人によっては違うのはなんでやろうね。


人は前世に悪い事をしたからだ、っていう定義をつけたがるのも、何かのせいにしないとやってられないからだ。



神様がいるんなら、子供を殺すな。

愛する人を残して先立たせるな。

戦争もやめさせろ。



ねぇ、聞こえよるね?





※写真はうちの近所の再開発。
昔テレビで見たサラエボのようだ。











春の宵

2016.03.24

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

子ザルが4月から大学に復学するので、学費のために稼ぎの良い仕事を、と思い申し込んでいた会社。


3次面接まであって、最後は大阪本社の人事部長とのテレビ面接。

こちとら新卒とは違って、酸いも甘いも経験してるたたき上げ。


もう、そこだけよね売りは。

他になーにもないもん。

履歴書の職務欄が多いだけだ。


よかろー?

こんなにいっばいとよぉ、と言って差し上げようかしら(意地悪ババアw)



久しぶりの二次方程式をすっかり忘れていて、空欄で出したわよ。

ODAってなん??

とか

WTってなん???

とか

分からん試験ばかりで、後は野となれ山となれでしたが合格したとの事。


80人受けて3人受かって、後の二人は新卒の女の子2人。


機械人間みたいに働くぞ。




がむしゃらにー


金稼ぐー


酒も飲まずに金稼ぐー




うたが出来るじゃないか。

ふふん

















ゲームセット!

2016.03.24

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

昨夜は春吉ソウルキッチン恒例の春の選抜弾き語り甲子園でした。

バンドのボーカリストが弾き語ると言う、たまらなくレアな夜です。





名前は聞いたことあるけど会ったことがない人が沢山。

アコースティックやりよると、なかなかバンドマンと一緒にならんけんね。


一音入魂



いやぁ、楽しかった!



しかし、お酒を飲まんとポジショニングが分からんで困る。

ただ息をしている人、みたいになるのです。




ま、それもたまにはいいが。



出場の皆さま、選抜出場おめでとうございました!


そして、お疲れ様でした!




球児たちは夏に向かって頑張ります!





























さもありなん

2016.03.22

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

一気に春めいてきたけど、頭の中は柏原芳恵の『春なのに』のレコードがぐるぐると回転している。

そう、中島みゆき女史作詞作曲の名作だ。



春なのにお別れですか

春なのに涙がこぼれます

春なのに 春なのに

ため息また一つ



中学の卒業式で好きな先輩から第二ボタンをもらいました。

あの頃は全てが永遠のような気がして、そして努力すれば夢なんて掴めると思っていた。



大人になるにしたがって、夢はどんどん重くなる。

大人になるチケットはいらないやい、と断れば夢はいつまでも翼を羽ばたかせているのだろうか。




心の持ちよう、ありようなのでありましょう。





















愛と焼酎と朝寝坊

2016.03.21

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

あっちゅう間の三連休。


レコーディングの録り直しだったり、ライブを聴いたり。


その傍には焼酎。

やはり焼酎には少し水を入れる事にしよう。


そんな三連休。



さ、3月が終わりますよ。















キミの名前を知っている

2016.03.19

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

アタシの中に戻っておいで
そろそろ目を覚まして

キミの名前は誰も知らない
命という名前を

生きたいと願う者
死にたいと望む者

光はどこにある?

だからこそキミと繋がっていたいと
アタシは歌うのさ

孤独の淵を一人歩む時も
暗闇に響く声に怯える日も

側にいる

側にいる














牡蠣からナマコへ

2016.03.17

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

いつもの惣やに寄って、いつものやつをばりに生牡蠣を頼んだら『今シーズンはもう終わったんですよ~』との事。


な、、に、、、?

生牡蠣が終わった、、だ、、と、、?



その代わりと言っては何だが、代打のナマコが出てきた。





ナマコって、海の鼠って書くんやね。

あ、ネズミって読めても書けません、念のためw



子供の頃このナマコが食卓のオールスター選手で、週に3回は出てたんじゃないかなぁ。


軍曹の家は山の中の秘境だったはずなのに、2人分くらいの刺身が毎日出ていた。

それをみんなで食べるんだけど、ほぼ父親の酒の肴になるわけで。



子供の頃はナマコを食べようなんて気にもならなかった。

硬くて生臭くて、ナマコの良さが微塵も分からなかったのだ。


それがどうだ。

いろんな経験をして大人になった今、『焼酎にはナマコやなぁ、、』なんていっぱしの事を言うようになった。



ナマコよナマコ。

初めてナマコを食べた人に国民栄誉賞をあげたいくらいだけど、人がやった事のない事を初めてやるってすごかね。



ほぼほぼ超人たちが体験した事ばかりかもしれんが、さて、、アタシはヘソで茶でも沸かしてみるか。









旅をする人たち

2016.03.17

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

今年の桜の開花は19日辺りだそうで、なんて書いてたら、、今週末じゃないか。


日本人は桜が好きですねぇ。

桜からフェロモンが出ている、、とか、いろんな事を言われてますが、パッと咲いて潔く散る。

日本人の気質と合っているのかもしれませんね。



お金と時間があったら、開花と共に北へ北へ旅をしたい。

こんな小さな日本に住んでるのに、一生辿り着けない場所もあるわけです。


そういう意味では、うたを歌って旅をすると言うのは随分と幸せな事なのでしょうね。



夜が明けないと嘆くよりも、自分が朝に追いつけば良いのです。











遅ればせながら

2016.03.15

category : 未分類

comment(0) trackback(0)



ペコロスの母に会いに行く、を観ました。

認知症の母と、息子ペコロスさんのとの日々を描いた物語です。




アタシの事を軍曹が分からなくなってしまったら?


親と言うのは自分が存在する証明のような存在であり、自分の事を認識されないと言うのは、今自分は本当にここにいるのか?

今まで本当に存在してきたのか?

と言う、自分の全てが消えて無くなるような、そんな感覚なんだろうと思います。



高校生の頃、退職間際の先生が『いいか、今はわからんかもしれんけど、自分の子供よりも親を大切にせんといかんとぞ』と言った言葉を思い出しました。

この世に生を受けるのは当たり前の事ではありません。


命が繋がっていくと言うのは、バトンを渡す人がいて初めて成立するのですから。












おめでとう、をうたに乗せて

2016.03.13

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

昨夜は、みんな大好き三輪商店10周年の夜でした!

昨年はINN6で出演させてもらったんだけども、今年はパンチラ先生で。


お店を10年するってすごいなぁ。

只々すごい。




素面で行ったもんだから身の置き所がなくw 焼酎のロックに助けてもらおうと思ったら

黒霧のやつめ~、助けるどころか心を丸裸にされてしまい。


どこかから漢方先生の「パンチラ先生って泣き上戸なの??」って言う声が聞こえたけど

良い夜過ぎて、会いたい人達にもたくさん会えて丸裸にされ過ぎてしまった。



パンチラ先生で歌うも、コードが分からなくなり途中アカペラになっていたような気もするけど・・・

おめでとう!!ばかやろーーーー!!!!

だけは伝わったんじゃないかと思われます(愛)


三輪商店


※自分のギターじゃないのに、バインバイン叩いてすんません。









それにしても、ボギーの髪の毛は非常に良い匂いがしたなぁ。。。。

ボギー











飽きやすい

2016.03.12

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

ながい事音楽活動をして来て、売れない事にそろそろ飽きて来た。


そう、飽きてしまったのだ。



売れる努力してんの?

と言われれば、うん、してないよね。



YouTubeで誰かが見つけてくれて、何処かから電話がかかってくる、なんて夢物語は微塵も持ち合わせておらんしなぁ。



努力して花が咲けば世話はない。


でも、準備を怠ってはダメだ。



たまにこうやって自分に喝を入れる。


歳をとると喝を入れてくれる人もおらんようになるのだ。

よって、自分で入れるしかない。



今夜は三輪商店の10周年記念。

焼酎と音楽と。



後は野となれ山となれ、だ。







うち、酔っ払ってます

2016.03.11

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

バイトの帰りに、いつもの惣やへ。


でかい黒伊佐錦を隣の人からついでもらいデロ酔い。

なんかよう分からんけど酔った。



人が死んだり生きたり、掻き毟られたり掻きむしったり。

どうする事もできん。


でも、食らいついて来たやつは死ぬまで面倒みるぜ。


人間が生きてる糸なんて、糸電話よりも細くて嘘っぽい。



言葉で言ってくれるしかないとよ。


アタシは優しくないけど、情は日本海溝よりも深いぜ。




だめやねぇ。



一人で飲むとこげな事になる。



お酒はぬるめよりもロックの方が好きですじゃ。











図鑑をプレゼントしよう

2016.03.11

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

アタシが生まれ育った所というのは、山の中の山。

まさに男の中の男!みたいな山の中だ。


家は三軒で周りに子どもなんていないし、小学校まで歩いて1時間弱。

中学校は隣の町に列車で行かねばならなかった。


なので、幼馴染と言う言葉を聞くと、キュンキュンきてしまう。

近くにいる子どもと言えば弟だけ。


そう仲が良い訳でもなかったので、基本的に家で遊ぶ時は一人が多かった。



自分で言うのも変だけど、勉強をするのが好きな子で、学校から帰ると縁側でずっと勉強してたように思う。

今思うと、勉強してる姿を爺ちゃん婆ちゃんが見るたびに『偉いねぇ、偉いねぇ』と言うので、勉強して喜ばせようと言う気持ちが強かったのかもしれない。




当時軍曹の家には大きな本棚がズラリと並んでいて、その中に図鑑が数冊あってね、中でもお気に入りだったのが海の図鑑。


近海から深海までが綺麗な絵で描かれていて、毎日それを眺めていたような気がする。


山の中に育ったアタシは海のそれが、まるで竜宮城のように見えたのかもしれない。



心の財産と言うのは、荷物にもならないし重くもない。


子ども達に心の財産を沢山プレゼントする。


大人の役割というのはそう言う事かもしれないね。















請うてはならぬ

2016.03.09

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

昔付き合っていた人が、時々『声』が出なくなる時がありました。

年に一回の事でしたが、遠距離恋愛だったためにメールでしか彼の声を聞く事ができません。


『大丈夫?』とは聞けず

日々の移ろいゆく様をつらつらと書いているその内容に、『何でも良いから思った事を書いて下さい』と送りました。


それでも会いたいと気持ちに負け、その人の街に会いに行ったのです。

車の中でも何も喋りません。

彼の家に着いても、何も喋らずベッドに座ったままです。


半日その状態で、私も横にずっと座っていました。



今でも、なぜ喋れなかったのか?

と言う理由は分からないままです。


その人の手に自分の手を重ねて、『人間は、あったかいでしょ』と言うと、その人は口元を少し緩ませました。



そして、私の髪を掴み何回も打ちました。

私はと言うと、抵抗もせずに打たれ続けたのです。



人間はいつも影を従属的に扱いますが、影が主になった時全く別人格になるのかもしれません。


それは、誰でも。


誰にでも起こりうる事なのだと思います。

















平均台の上

2016.03.08

category : 未分類

comment(0) trackback(0)





平均台の幅は、わずか10㎝なのだそうです。

少しでもバランスを崩したり、滑ったりしたら落ちてしまいます。


アタシは小さい頃から、辛い事悲しい事があっても『すり替え』で痛みを感じなくする訓練をして来たように思います。


そうすると、ある時にすり替えたと思っていた悲しみが雪崩のようにやって来るのです。



それはオールクリアにする事で、所謂リセットですが、また前に進んで行くのです。


どうやらこの『リセット』の時期が来ているようで、ある意味清々しい気分と言うか、、。


積み上げた積み木を、バシャーーーー!!!!って壊す感覚に似ております。




死ぬ死ぬ言う人は、ある意味強い人なんだと思います。


死ぬと言えない人の声は、コールタールのぬめりのようだ。

拭っても拭っても毛穴に入り込んでとれやしない。









男と女の間には

2016.03.07

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

男と女の性(さが)の違いと言うのは、現代に至ってもそう変わるものではないような気がする。


浮気は男の甲斐性、と言う言葉もあるくらいで、「困ったもんだねぇ・・・」なんていう
笑い話で終わる事もある。


だが、女の場合は違う。

甲斐性なんて言う言葉からは、1万キロくらいかけ離れてしまうのだ。


下手したら打ち首獄門。

人間失格。

云々かんぬん。




男は解放され、女は血を流すのである。



それでも、人は人を好きになり。


好きになってはいけない人を好きになっても、きっと会いにいくのだろう。




DSC022222.jpg












生きてるって言ってみろ

2016.03.07

category : 未分類

comment(0) trackback(0)





BSで、友川カズキさんが坂崎幸之助さんが共演している。


弦をガッシガッシ切りながら歌っていますよ。


坂崎さんが『もう、、チューニングなんて関係ないですよね(~_~;)』と言っていたが、そんね域に行く人なんて極々僅かだよね。



戦争が起こらないとフォークは流行らないと誰かが言っていた。

そうかもしれんね。



無知

無関心

分かったふり




おっと、母のない子のようにが流れ始めた。



今夜は練れない夜になるなぁ。











生きてりゃプレミアムにもなる

2016.03.04

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

ついにー!!

惣やのーー!!!

プレミア会員になれました!



プレミア会員とは、週に必ず一回は来ること。

ツアーに出てる時は良いそうですw



そんな決まりごとだったらお茶の子さいさい。


来るなと言われても来ますがな。




2升半の黒伊佐錦は、なかなかの重さです。

テコの原理で注がないと、到底持てるものでもないとです。



さー

これを今から、有志がくるらしいので飲もうと思います。


半分も減らんよねー、、、。



いや、、絶対に減らんか。



4.5リットルは、なかなかの量です。


明日はアイアイでライブです。


もんごくん、長野から来福の大平さん、ぶちかますので今夜は許して下さい。















相手は自分の鏡

2016.03.03

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

BGMでデスペラードが流れておる。

言わずと知れたEaglesの曲だ。


ドンヘンリーの声は大好き。

彫刻のような顔も大の大の好みだ。


好きになった人がタイプの人だけども、やはりどうやら顔で選んでいるようだ。


その人の顔が好きって、案外大切なこと。

もちろん内面が良いなんてのは当たり前だけども、好きになるきっかけと言うのは割とこのパターンが多い。



大好きー!

めっちゃ愛しすぎて胸が苦しい(≧∇≦)


なんて時期が過ぎて『うちの粗大ゴミどうにかならないかしら(°_°)』なんて揶揄なきように。


トキメキがなくなっても、好きな顔だったらいつでも恋は始まるのですよ。




心に留めおこう。


自分がゲンナリしてると言うことは、相手もゲンナリしているのですから。
















オッさんしっかりしろ

2016.03.02

category : 未分類

comment(2) trackback(0)

宿六屋の唄に『オッさんの唄』と言う名曲がある。

本人はその曲で紅白を狙っているらしい。



オッさんだって恋をした~い🎶

ドキドキしたいのさぁ~🎶

とありますが、、



そーなんです。


オッさんの皆さまよ。

不倫なんて甘い夢を見るんぢゃねぇ!


ドキドキするくらいが一番いいのだ。


付き合っちゃダメなんです。

大人の恋はドキドキするくらいがちょうどいーんです!



もう一度言おう。


付き合っちゃあダメなんですっ。




オッさんになって、いかにこのドキドキを楽しめるかが、大人の所業ではないでしょうか。





3月2日

パンチラ先生










プロフィール

INN6P

Author:INN6P
博多を中心に活動中のINN6(インシックス)
の裸足のうた唄い。
時々「いかさま弾き語り師パンチラ先生」にも変身する今日この頃。
一番好きなもの芋焼酎。
二番目に好きなもの芋焼酎。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
リンク
アクセス

Copyright ©のぞいたわね@P様の館. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad