のぞいたわね@P様の館

心にパンクを、生活にロックを  いつもお酒に飲まれてしまうダメダメうた唄いの日常

夜逃げした母さんの店のポストには

2018.04.29

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

離婚したばかりの時に紹介されて沖縄料理の居酒屋さんで働いたことがありましてね。

お父さんもお母さんも沖縄の人で、『沖縄には結(ゆい)の精神と言うのがあって、人はみんな一人じゃ生きていけないからみんなで助け合うんだよ~』と言って大層可愛がってもらいました。


アタシも親以上に慕って仕事を辞めた後も時々顔を見に行っていたんですが、ある時お父さんが末期の肝臓ガンだと宣告されたんです。


かっぷくの良いお父さんは日に日に痩せていって、最期の時はお父さんを愛するお客さんや友達がみんなでお父さんの手に触れながら息を引き取りました。



お父さんが亡くなった後アタシも忙しくなり、お母さんとも頻繁に会う事が少なくなっていきました。

頭の片隅にお店に行かなきゃ、と思いつつ自分の生活で精一杯だったんですね。


生活も落ち着き暫く振りにお母さんに会いに行くと、明るさを取り戻したようでお父さんの昔話やお母さんの故郷沖縄の事などそれはそれは楽しく話していました。

アタシも少し安心して『また明日』と言って店を出たのです。

お母さんはいつも通り出口までお見送りに来てくれて、いつもの風景、いつもの時間が流れていました。


翌日お店に行くと、開店してるはずなのにお店の中は真っ暗。

中を覗くと泥棒が入った後のように店内は雑然としていて。


アタシは状況が飲み込めず『あれ?ここはお店だったよね?アタシがお店を間違っているのか?』と頭が混乱してしまいました。


ちょうど郵便配達のおじさんが来たので状況を説明すると、中を覗いたおじさんが『嗚呼、、これは、、、夜逃げやね』と。


ポストを開けると料金の請求書がどっさり入ってました。


それを眺めながら、不思議と心が凪の海のように静まり返っていたのをよく覚えています。

悲しさ、寂しさではなく、心が静まり返っていました。


沖縄に帰ってしまったのか、それともどこか違う街に行ったのか。



また生きて会いましょう。


願うはそればかりです。












生まれる子ども達

2018.04.28

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

もうすぐお江戸ツアーだ。

ここに来てお尻と背中に火が付いてきて、まさにカチカチ山の狸!!(°▽°)


なんて書くと、Pさんめっちゃ大変じゃないですかー!!!などと同情してくれる心優しき人たちが出てくるのだが、脚色せずに書くと『とても大変』なのは相方だけだ。

GWの納期に間に合わなかった為、右手をグルグル回して作成しているのを巨人の星の明子のように木から覗いているアタシ、、と言ったところか。


いやいや『何か手伝うことは??』ともちろん聞いておるのですよ?(一応)


いかんせん、今の時点では何も手伝うことなし。

と言うことなので、魂を送っている状態だ(怖いわ)



5年ぶりのCDかー。

何だか子どもが生まれるみたい。


作る作る詐欺でしたからねぇ。

初回限定版は素晴らしい特典付き。

あーもー、何だかワクワクする。


辛い事があった時、悲しい時、失恋した時、酔いたい時。

おい、何だか全くハッピーじゃないじゃないかww



兎にも角にも、あなたのお側にいたいが為に世に生まれますよ~~。











訴えない人達

2018.04.27

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

アイドルがお酒に酔ってわいせつ行為を、、と言うのが連日取り沙汰されているが。


もしアタシがINN6かパンチラ先生で全国の誰もが知ってるような超有名人になったとしたら、記者会見を何回開けばええねんっちゅーの。

いや、記者会見じゃないな、、活動停止か。


いつもお酒に酔って、揉んだりw、掴んだりw、握ったりwしているが、心温かい皆さんが訴えないからこその本日ブログも書けていると言うものだなぁ。


ありがとうございます。

アタシ、本当にみんなに生かされとるです。



でも、アタシが大学を卒業したての頃はセクハラが挨拶がわりだと思ってる人が山のようにいたもんね。

うちの実父もそうだ。

エッチなことを言うと女の子がキャーキャー言うからてんで勘違いしておる。


こないだ電車の隣の席に座ってたおばさん達が『アタシ達セクハラでもされたら若返るのにねぇ』と言っていたのを聞いて、日本の底力ここにありと思ったのはアタシだけじゃないはずだ 笑




歳をとるから大人になるわけではない

2018.04.25

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

寝る間も惜しんで働いてるような気がしますが、気がついたらちゃんと8時間寝てるようです 笑

思い込みって怖いわー。



このサイクルに慣れて来たようで、帰ってバタンキューからの朝風呂という流れが出来上がりつつあります。


近ごろバイト先でよく感じる事が、若者たちがよく『ごちそうさまでした~』と言って帰る事。


それに比べておじさん達の行儀の悪い事(°_°)

ごちそうさまでした、までは期待はしないけど、ビール一本で1時間位いたり(待ち客がいても)客なんだから当たり前だろ?って言う態度をとったり。


それじゃあ老害と呼ばれてもしかたありませんぜ。


キレやすい若者たちってよく聞いてたけど、おじさん達の方がキレやすい気がするんだけどなぁ、、。

絶対に口答えをしないであろう接客の人にアレヤコレヤ言うおじ様方、きちんと周りから見られてますよ。





写真はプリティなおじ様代表、三角とおる氏♡






うたがある場所には愛がある

2018.04.24

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

土曜日の三輪商店12周年ライブと、日曜日のカッキン主催ボンジュール・アハーンライブvol.12。

二つとも12と言う数字が偶然に思えない夜でした。


両日とも、ほんっっとに素晴らしかった!!!!

お店や共演者はもちろんだけど、お客さんの素晴らしい事と言ったら。


美味しい料理はもちろん、やっぱり人は人に集まってくるんだなと思いました。

出会ってくれたみんな、本当にありがとうございました。



今年はたくさんの知らない人に逢いに行きますよ。

うたをバッグに詰めてギター背負って全国を回ります。


そんな武者修行の事を考えると、楽しい!よりも怖かったりもしますが

知らない街の知らないお店、知らない共演者、知らないお客さん。

そんな知らないづくしも、これまた人生。


温かい所ばっかりいても自分が面白くないわけです。


愛ある人たちにたくさん出会って、たくさんチャージも出来ました。

頂いた愛は、どなたかに。


バトンみたいに譲りうけていければいいよね。





さて、今週はもう飲まんぞー。酒を抜くぞー。


ちゃお


946917_278564005678183_558981530172701841_n_20180424010543955.jpg













口から蜜が溢れる瞬間

2018.04.20

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

言葉が降り注ぐ瞬間と言うものがある。


口から蜜が流れ出すように、言葉が流れ出すのだ。

樹液が木から溢れ出るように、甘い甘い蜜が流れ出すのだ。


一旦流れ出すと留まる事を知らないようにも見えるが

それは突然止まって、もう資源切れだよとでも言わんばかりにそっぽを向く。



そんなアタシ達を、神さまはブランコにでも乗りながら見ているのだろうか。


一喜一憂するアタシ達を、煙草をふかしながら見ているのだろうか。




そのうち言葉も何もかも出なくなって、暗い湖の底に堕ちて行き


溺れて溺れて息が出来なくなって、身体からベリッと音がして生皮一枚になるのだろう。




それでいいのです。

だから、私の身体と心と、全てを慈しんで下さい。

剥離と言うのは「慈悲」にも似ています。







深い穴に落として、そして救うのですから。


11645953861572576_20180420012414097.jpg






みずから自分を励ませ

2018.04.19

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

何とも久しぶりのブログ。


何とも久しぶりのPCです。

今夜は時間がゆっくり流れているような、、、そんな感覚であります。




この忙しさにもやっと慣れてきました。


そして、やっとセカンドアルバムが完成しそうデスヨ。

可愛い子供たち、みんなの元にお送りできそうです。


昔からレコーディングが苦手でして。

お客さんが目の前にいないって言うのがどうもむず痒い 笑


今回の最後の最後に「やっぱりこの曲は録り直そう」と決めた二曲。


レコーディングのうた入れが始まると、何だか歌い方が違う・・・。

声も良く出ない・・・。絞り出すような歌い方だし。


相方が「ギターで一回歌ってみて」と言ってポロンといつもの曲を弾くと、何という事でしょう・・いつものうたが出て来るのだ。


「それ!それよ!」と言う事で、な~~~~~んにも考えずにのびのび歌って完了。


何事も気持ちですな。



半世紀も生きているのにメンタルは全く変化がない。

まるで氷河の流れのような遅さで人間形成もなされているような気もするです。


釈迦が「人間生きているときは修行じゃ。死んだら全てが完成するのであ~る」と仰ったとの事ですが
この修行のレヴェルも人によって違うに相違ないと思う今日この頃。


これは前世のあれやこれやからのツケが加算されてるのかしらね・・。

じゃあ今世のあれやこれやは来世に引き継がれるって事か。


と言う事は、あと二回ほど生まれ変わったアタシはどこかの国で「出エジプト記」みたいに奴隷働きをさせられるやもしれん。


ああ、、、妄想は限りなく続くのであった。





q01452.jpg




心に正直に生きる事が良いとは限らない

2018.04.03

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

ちょいとブログをお休みします。


発信する力がない、と言うのが一番の理由かなぁ。

書く事で浄化も出来ないようなので、こう言う時は書かないのが一番。


じゃあね。














プロフィール

INN6P

Author:INN6P
博多を中心に活動中のINN6(インシックス)
の裸足のうた唄い。
時々「いかさま弾き語り師パンチラ先生」にも変身する今日この頃。
一番好きなもの芋焼酎。
二番目に好きなもの芋焼酎。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
リンク
アクセス

Copyright ©のぞいたわね@P様の館. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad