のぞいたわね@P様の館

心にパンクを、生活にロックを  いつもお酒に飲まれてしまうダメダメうた唄いの日常

いざゆかん

2017.08.18

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

熊本の人たちは情が深い人が多い。


『また引っ越すからいなくなる』と言う話をすると、決まって『また帰ってきてよ!』と言う 笑


熊本人は心を開くまでは閉鎖的だけど、心を開いたら骨の髄までしゃぶらせる特性があるように思われる。

その特性がいつの間にか居心地が良くなりつつ今日この頃。



その土地その土地の特性って面白いよね。


ツアーに行ったりすると特にそう思います。


明日からはこれまで人情の街大阪やで。



焼酎まみれの体をひっさげて伺いまする。


生きてみんなに会いたい症候群

2017.08.17

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

バイトを終えてふと後ろを振り向くと爆弾でも落ちたかのような雲。





数人が立ち止まって見ていたので、ホントにかの国から爆弾が発射されたのかと思ったぜよ。


実物はもっともっと大きくて自然界のものじゃない感じ。




平和でうたが歌えてお酒が飲めてゲラゲラ笑いながらテレビを観ていることが奪われてしまうのかもしれないな、と言う疑念に駆られてしまう。


平々凡々と。

誰かが戦わなきゃ平和にならないようなことがないように。




さて、いよいよ関西ツアーがスタートします。

19日を皮切りに26日の千秋楽まででありますよ。


半年ってあっと言う間、近くに住んでても数年合わない人もたくさんいる中で、関西の面々は親戚のように盆と正月的な感じで会っとるよね。

ありがたいことです。



おかえりー!


たたいまー!



今年の夏もみんなの顔を見に行きます。


どなた様も生きて会いましょう!









むくり

2017.08.16

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

部屋が汚い。


婆ちゃんの葬儀後、精も根も尽き果ててるパンチラ。

パンチラと精も根もって書くと何だか卑猥な感じだわね、、。


いや、それは置いといて。



汚さが度を超えている。


『うち散らかってるんで~』とは、かわいこちゃんがよく言うセリフだが、あれはそれ、汚かった試しがない。



足の踏み場がない、まさに今その状態である。

金曜の夜には家を出るのでそれまでに何とかしなければ。


大きな袋にひとまとめに全部入れてしまうと言うのはどうだろう。

ただし、洗濯したものも汚れものも一緒になるが。




こんなブログ書いてる暇があれば掃除しろよw



はい、そうします。




写真は昨夜来熊した録さん達との飲み会。

なぜ刺身を前にこんな神妙な顔をしているのだろう 笑




親と子

2017.08.15

category : 未分類

comment(0) trackback(0)

大学を卒業してすぐに数ヶ月実家に住んでたことがありましてね。


軍曹こと実母は歯に絹着せぬどころか、きっと喉元に激しい言葉に変換するエイトックが搭載されてるんだろう、、と言うような人ですので、普段は十言われて一返すと言う関係のアタシたち親子。


毎日暮らしているとアタシもどこかでキレるわけです。


アタシからみたら軍曹は暴君のような存在だったけど、軍曹からしてみたらアタシは大層扱いにくい子供だったと思います。



自分の意見は言わない(言う時はキレて出て行く)

普段はいい子(装い)だが核爆弾のような事件をたまに起こす

非常に変わっている


等々、軍曹は軍曹で大変だったと思います。



ある時大げんかしましてね、それはもう家の中が壊れるような。

23歳で親とそんな喧嘩してんじゃねーよwって感じですが。



そのまま友達の家に泊まってしばらく家に帰りませんでした。


それからしばらーーーくして、実家を引っ越した後にその友達と会うことがありました。


その時にその子が『あの時おばちゃんから電話があってね、あの子はああ言う子やけん宜しく頼むね』って言ってたよ、と。



親からは愛情をもらってないと思って大きくなったアタシはそれを聞いてビックリしましてね。

まさに親の心子知らずですな。



20数年経って今アタシが軍曹の心境です。


同じ電話を子ザル友達にしてしまうと言う同じ行動パターンww



親が立ち入れないことってたくさんあるもんね。

生きていくのに素晴らしい友を持つこと。



やはり親は遠くから見守るしかないのであります。






労い酒

2017.08.12

category : 未分類

comment(0) trackback(0)




今夜はお疲れ様会を家人と開いています。



アタシの実家は山深い所にあるので根強い風習がまだまだ残ってて、弟はビックリするほどきちんと本家の長男の役割を果たしていました。

葬祭場に来て下さった皆さんは葬儀に参列するだけじゃなく、おとき(お別れの食事)も葬祭場で用意します。


なので、お参りに来た人たちはおときを食べて葬儀に参列するのです。

親族諸々はその用意をする時間など全くないので、地区の人たちや友人たちがその食事の用意をします。


それは順繰り順繰りで、誰かの家で不幸ごとが出来たときは皆んなで助け合うのです。


所謂、昔から続いている『ムラ』の精神ですね。




アタシは親戚たちの集まりにも距離を置く方なんですが、今回感心したのは弟や父の顔を潰すわけにはいかないと、家人は積極的に親戚の人たちと交流していました。


親戚の中でもアタシは何かと『訳あり』な存在なもんですから、閉鎖的なムラでは好奇心いっぱいの人が沢山いるわけです。



大したもんやなぁ。


こういう事は大きな何かが起こらんとなかなか分からんからね。

労いの意味を込めて大いに飲ませようと思います。






PrevPage |  to Blog Top  | NextPage
プロフィール

INN6P

Author:INN6P
博多を中心に活動中のINN6(インシックス)
の裸足のうた唄い。
時々「いかさま弾き語り師パンチラ先生」にも変身する今日この頃。
一番好きなもの芋焼酎。
二番目に好きなもの芋焼酎。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
リンク
アクセス

Copyright ©のぞいたわね@P様の館. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad